秋谷・立石海岸 おすすめ無料オートキャンプ場 三浦半島

無料オートキャンプ場
スポンサーリンク

三浦半島の西側に位置する立石公園には、高さ12m、周囲30mほどの巨岩の立岩が海岸に突き出ています。

この立石は古くから景勝地として人の心を捕らえて、初代安藤広重が「相州三浦秋屋の里」と題し、富士山をのぞむこの海岸線を描いています。

立石海岸には自然のままで人の手が加わっていない岩場が海岸線沿いに長く続いています。

干潟での磯遊びに子供たちが大はしゃぎしていたり、岩場の先端で釣り人が魚を釣り上げているのを見るだけで心が和みます。

また立石公園の北側には秋谷海岸があります。

水はきれいで夏は海水浴、冬はカヌーやヨットを楽しむ人で賑わっています。

今回はこのような三浦半島にある無料オートキャンプ場「秋谷・立石海岸」を紹介いたします。

秋谷・立石海岸無料駐車スペース

立石公園内にある無料駐車スペースには62台の車が停められます。

年中無休、駐車無料、しかも24時間駐車可能なところが魅力的で、そのためか土日祝日は朝から満車になります。

ただし7月1日~8月31日の期間は6時00分~20時00分までの駐車となっていますので、車中泊する方はご注意して下さい。

駐車場の両サイドに車と停める配置になっていて、中央の通路部が頂点となって端にいくほど勾配がきつくなって、約5°程度の傾斜になっています。

もし勾配が気になる方は、駐車場のトイレ手前の山側駐車スペースに停めると良いです。(2°程度の傾斜)

勾配の少ない駐車場のトイレ手前の山側駐車スペース

また、風が強く波が荒い日には岸壁側の駐車スペースには絶対に停めないで下さい。

実は私は過去に、岸壁を乗り越えた波が愛車にかかり潮まみれになった経験があります。

波の高い日は必ず、山側の駐車スペースに停めるようにして下さい。

トイレ

駐車スペース内にはトイレが常設されていて、多目的トイレもあります。(便器が壊され使用禁止:2021年6月現在)

砂浜で遊んできた人が使用するので床や洗面台に砂が散らばっていて、あまりキレイとは言えないです。

アクセス

東京方面から来ると、横浜横須賀道路を利用して 横須賀IC で降りて、 横須賀しょうぶ園を経由で進んで下さい。

少し遠回りになりますが、駐車スペースに入りやすくなります。

国道134号線の交差点を右折して、1,700m先の左側に無料駐車スペースがあります。

周辺の施設

こ紹介した無料スペースの周辺には、コンビニ、レストラン、牧場、朝市、ベーカリー、スーパーマーケットなどありますので、ご紹介いたします。

コンビニ

駐車スペースから500mのところにファミリーマートがあります。国道134号沿いにあるのでキャンプ場への途中に立ち寄って見てください。

レストラン Don

駐車スペース横にあるのがイタリアンレストラン「Don」です。オーシャンビューの贅沢なひとときを満喫した方におすすめのレストランです。

営業時間 11:00~22:00

定休日 木曜日

下の写真はランチパスタ「渡り蟹のトマトクリームスパゲティ」です。お値段は税込み1,840円、とても美味しかったです。

牧場 ソフトクリーム

駐車スペースから丘陵へ登っていくと「よこすか関口牧場」があります。

山もりのソフトクリームが有名で、味は甘さ控えめで一味違う滑らかな食感があり後味の良さが自慢です。お値段は350円です。

アイスクリームショップ営業時間 11:15~16:00(夏季は17:00)材料が無くなり次第閉店

定休日 月曜日

また牧場内にはヤギや羊、アヒルなどいろいろな動物たちがいます。運がよければ生まれたての牛の赤ちゃんに出会えるかもしれません。

朝市

浄楽寺の境内で毎週土日の朝9時から朝市が開かれます。新鮮な三浦野菜、佐島で上がった魚介類や自家製のケーキや花などが販売しています。

魚売り場には、旬の活きのいい伊勢海老やあわび、サザエもあれば、あんこうやイカ、地元の魚も並びます。

ベーカリー

前出の朝市から道路を隔てた斜め前に「芦名ベーカリ芦兵衛」があります。開店前から行列ができるお店です。

焼きたてのパンが様ざまあり、特に青森産のりんごのアップルパイ(600円税別)が有名です。

駐車場が少ないので、早めに行った方が良いです。もしくは、駐車スペースから1.3kmの距離なので散歩がてらに行く手もあります。

営業時間 8:00-16:00  売り切れ次第閉店

定休日 月曜日、第1・第3・第5火曜日

スーパーマーケット

国道134号線の大楠山入口交差点に京急ストアがあります。キャンプ用食材が調達できるので大変助かります。

海岸での楽しみ方

富士山を見ながら、目覚めの珈琲はいかがですか。

朝まずめの釣果をきたして釣りをしてみたらいかがでしょうか。

日が昇り温かくなり始めたら、海水浴をしましょう。

太陽が真上に来たら、浜辺にマットを敷いて肌を小麦色に焼きましょう。健康そうで、引き締まったスタイルに見られますよ。

暑くなったらテントの中で一休みしましょう。

相模湾にSUP(スタンドアップパドルボード)ボートを浮かべて、水上散歩はいかがですか。SUPボートの上でヨガや釣りもできますよ。

ヨットをお持ちの方はあまりいらしゃいませんが、海にヨットを繰り出してクルージングを楽しみましょう。持ってない人は海原を進むヨットを眺めるだけで楽しいと思います。

最後に

秋谷・立石海岸にある無料の駐車スペースで車中泊をするのはいかがでしょうか。

無料駐車スペースの両サイドの海岸では残念ながらバーベキューはできませんが、様ざま楽しみ方がありますので家族連れのキャンプを過ごして下さい。

密を回避して、絶景スポットの秋谷・立石海岸に来てはいかがですか。

いつもブログへの訪問ありがとうございます。

ポッチと押してくれたら嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました