スポンサーリンク
車中泊

道の駅風のマルシェ御前崎 夢の車中泊

GW前半に静岡県中部にある道の駅風のマルシェ御前崎で車中泊を挑戦してきました。道の駅風のマルシェ御前崎は御前崎から約10キロ手前の国道150号線沿いにあります。東京からは東名高速道路を利用して3時間10分程度で到着します。今回は道の駅風のマルシェ御前崎での車中泊を経験してきましたので、その中から読者さんに役立つ情報をご紹介いたします。これからキャンピングカーを購入して車中泊を予定されている読者さんに少しでもお役に立てれば幸いです。
車中泊

道の駅川根温泉 夢の車中泊

2022年のGW前半に静岡県の大井川沿いにある道の駅川根温泉に向け、軽キャブコンのオハナに乗って車中泊に挑戦してきました。道の駅川根温泉は静岡県島田市の県道64号沿いにあります。今回は道の駅川根温泉での車中泊を経験してきましたので、その中から読者さんに役立つ情報をご紹介いたします。これからキャンピングカーを購入して車中泊を予定されている読者さんに少しでもお役に立てれば幸いです。
車中泊

道の駅富士川楽座 夢の車中泊

4 月の中旬に静岡県富士市のある道の駅富士川楽座に向け、軽キャブコンのオハナに乗って車中泊に挑戦してきました。道の駅富士川楽座は東名高速道路富士川SA上り線から直結しています。また、東名高速道路下り線の場合は富士川スマートICから一旦出て、道の駅富士川楽座1Fからアクセスします。東京からは首都高速渋谷線、東名自動車道を利用して1時間50分程度で到着します。今回は道の駅富士川楽座の車中泊を経験してきましたので、その中から読者さんに役立つ情報をご紹介いたします。これからキャンピングカーを購入して車中泊を予定されている読者さんに少しでもお役に立てれば幸いです。
スポンサーリンク
道の駅

道の駅甘楽 夢の車中泊

3 月の下旬に群馬県甘楽(かんら)町のある道の駅甘楽(かんら)に向け、軽キャブコンのオハナに乗って車中泊に挑戦してきました。道の駅甘楽は城下町の面影が残る街道から分岐した県道46号線沿いにあります。東京からは首都高速池袋線、東京外環自動車道、関越自動車道を利用して1時間40分程度で到着します。今回は道の駅甘楽での車中泊を経験してきましたので、その中から読者さんに役立つ情報をご紹介いたします。これからキャンピングカーを購入して車中泊を予定されている読者さんに少しでもお役に立てれば幸いです。
車中泊

道の駅下賀茂温泉 湯の花 夢の車中泊

3 月の初旬に伊豆半島最南端の道の駅下賀茂温泉湯の花に向けて、軽キャブコンのオハナに乗って車中泊に挑戦してきました。道の駅下賀茂温泉湯の花は温泉場の下賀茂を通る国道136号線沿いにあります。東京からは東名高速道路、伊豆縦貫道路、修善寺道路を利用して3時間30分程度で到着します。今回は道の駅下賀茂温泉湯の花での車中泊を経験してきましたので、その中から読者さんに役立つ情報をご紹介いたします。これからキャンピングカーを購入して車中泊を予定されている読者さんに少しでもお役に立てれば幸いです。
車中泊

道の駅保田小学校 夢の車中泊

2月の中旬に軽キャブコンのオハナに乗って、道の駅保田小学校の車中泊に挑戦してきました。道の駅保田小学校は2014年まで本当の小学校として使われていて、その後廃校となった校舎を活用し新しく道の駅として生まれ変わりました。東京からは首都高速、アクアライン、館山自動車道を利用して1時間程度で到着します。今回は道の駅保田小学校の車中泊を経験してきましたので、その中から読者さんに役立つ情報をご紹介いたします。これからキャンピングカーを購入して車中泊を予定されている読者さんに少しでもお役に立てれば幸いです。
キャンピングカー

レジストロ・アウルを深堀りしました

前回幕張メッセで開催されたジャパンキャンピングカーショーの記事を書いたところ、読者さんからレジストロ・アウルをもっと紹介してほしいというコメントを頂きました。誠にありがとうございます。今回はレジストロ・アウルの快適性、オプション、電装、コストについて深掘りしていきます。軽キャブコンよりワンサイズアップのキャンピングカーを希望する読者さんにお役に立てれば幸いです。
車中泊

道の駅いちかわ 夢の車中泊の実現

2月の3連休の中日に都心に一番近い道の駅いちかわに向けて、軽キャブコンのオハナに乗って車中泊に挑戦してきました。道の駅いちかわは外環自動車道と並列する国道298号線沿いにあります。東京からは首都高速と東京外環自動車道を利用して30分程度で到着します。今回は道の駅いちかわでの車中泊を経験してきましたので、その中から読者さんに役立つ情報をご紹介いたします。これからキャンピングカーを購入して車中泊を予定されている読者さんに少しでもお役に立てれば幸いです。
軽キャブコンオハナ

愛車の軽キャブコンオハナが軽キャンパーFanに掲載されました。

12月初旬に軽キャンパーFanという雑誌の取材を受けました。取材場所は神奈川県の三崎港で、当日は最高の晴天でした。記事のコンセプトは軽キャンパーユーザーに直撃取材して、愛車との出会いや愛車のお気に入りポイント、DIYしたものを紹介するものでした。私を取材した「軽キャンパーFan」雑誌は今年の1月31日に発売され、四半期1回、八重洲出版で発行しています。日本の最新軽キャンパーのすべて、全モデル160台を網羅して紹介している雑誌です。記事の内容は愛車に乗って出かけた場所、キャブコン生活空間の活用方法、電装設備のアピール、自作換気扇の紹介などです。もし興味がある方は購入してみていかがですか。
車中泊

燈明堂緑地駐車場 夢の車中泊

12月初旬の週末に軽キャブコンのオハナに乗って、神奈川県横須賀市にある燈明堂緑地駐車場で車中泊に挑戦してきました。燈明堂緑地駐車場へ向かう道は道幅が狭くUターン禁止の看板があるので、ここを訪れる車は少なく意外に穴場的な駐車場となっています。燈明堂緑地駐車場は東京湾に面しているので昼はオーシャンビューを楽しみ、夜は波音を子守唄のように聞きながら眠りにつけます。今回はそんな横須賀市にある燈明堂駐車場での車中泊を経験してきましたので、その中から読者さんに役立つ情報をご紹介いたします。これからキャンピングカーを購入して車中泊を予定されている読者さんのお役に立てれば幸いです。
タイトルとURLをコピーしました