スポンサーリンク
オハナ

キャンピングカーを購入するときに、印鑑証明書は必要なの 印鑑証明書の有効期限はいつまでなの

待望のキャンピングカー リゾートデュオ バンビーノ オハナの納車まで3週間となり、ステージ21さんから納車手続きにに当たって印鑑証明書が必要になるので送ってほしいとの依頼がありました。今から40年前に1度印鑑登録して、印鑑証明書を取ったことがあります。高額な買い物となる普通自動車を購入する際は印鑑証明が必要であるということは分かりますが、理由はと尋ねられても答えはわかりません。そこで、今回は改めて印鑑登録や印鑑証明書を取ってみましたので、取得方法についてご紹介したいと思います。今後ご自身で印鑑証明書を取得される予定の読者さんのお役に立てれば幸いです。
グッズ

おすすめ 車中泊に便利なグッズ 4選

オートキャンピング場で車中泊していると想像してみて下さい。早朝、さわやかな風が吹き、暖かな日差しを浴びながら、大自然の中に佇んでいるあなたがいます。こんなシチュエーションだったら、あなたはどうしますか。きっと、寝起きのコーヒーを飲みたくなりますよね。では、コーヒーを飲むのに、必要なグッズと言えばコーヒーミル、マグカップ、ガスコンロ、ケトルです。あなたがこれらのグッズを揃えて車中泊したなら、誰もが羨むひと時を過ごせます。 今回は、コーヒーを美味しく飲むためのとても便利なグッズ4選を皆様に紹介していきます。
無料オートキャンプ場

秋谷・立石海岸 おすすめ無料オートキャンプ場 三浦半島

三浦半島の西側に位置する立石公園には、高さ12m、周囲30mほどの巨岩の立岩が海岸に突き出ています。この立石は古くから景勝地として人の心を捕らえて、初代安藤広重が「相州三浦秋屋の里」と題し、富士山をのぞむこの海岸線を描いています。立石海岸には自然のままで人の手が加わっていない岩場が海岸線沿いに長く続いています。干潟での磯遊びに子供たちが大はしゃぎしていたり、岩場の先端で釣り人が魚を釣り上げているのを見るだけで心が和みます。今回はこのような三浦半島にある無料オートキャンプ場「秋谷・立石海岸」を紹介いたします。
スポンサーリンク
無料オートキャンプ場

毘沙門海岸 おすすめ無料オートキャンプ場 三浦半島 

毘沙門海岸は太平洋に面していて、遮る物がなく見渡す限りの海を望めます。砂浜は少なく岩ばかりなので、足元には十分気を付けて歩いて下さい。開放感たっぷりの浜辺で好きな場所にテントが設営でき、周囲の森から適度な距離が保たれており快適なキャンプが体験できます。毘沙門海岸は知名度が低くアクセスが悪く、行くまでに車が通るのがやっとというようなスイカ畑の中を通ります。今回はこのような三浦半島にある無料オートキャンプ場「毘沙門海岸」を紹介いたします。
無料オートキャンプ場

遠津浜海岸 おすすめ無料オートキャンプ場 三浦半島  

遠津浜海岸は三浦半島の東側にあり、東京湾に面した海岸です。地元住民はこの海岸のことをとっつき浜と呼んでいます。海岸自体はこじんまりしていて、両サイドには岩礁があり釣り人をたまに見かけることがあります。遠津浜海岸は知名度が低くアクセスが悪く、行くまでに車が通るのがやっとというような三浦大根畑の中を通ります。途中にわだちがあり車高の低い車は走行に気を付けなければなりませんし、細道を覆いかぶさる木の枝が密集しているので車のボディーを傷つける恐れもあります。それを覚悟で進むと、目の前に風光明媚な三浦半島の自然を満喫できる浜辺に到着します。今回はこのような三浦半島にある無料オートキャンプ場「遠津浜海岸」を紹介いたします。
プチ散歩

三浦半島プチ散歩 三崎口駅~荒崎公園 大河ドラマ鎌倉殿の13人 のひとり和田義盛在所を訪れる   

前回同様、読者さんに三浦半島をよく知っていただくため、歴史、特にその土地の言い伝えを語りながら三浦半島の自然を巡り、3、4時間で6、7キロのプチ散歩コースを紹介します。また2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のひとりである和田義盛の在所を訪れます。訪れる場所については、グーグルマップ上に道順、所要時間、距離を掲載していますので参考にして下さい。今回は三崎口駅を起点に荒崎公園までのプチ散歩コースです。
オハナ

車庫証明を自力で取ってみた

キャンピングカー リゾートデュオ バンビーノ オハナがいよいよ納車されるため、ステージ21さんから車庫証明を取ってほしいという依頼がありました。40数年前の車庫証明を取ったことがありましたが、どうやって取得したかは全く忘れてしまっていました。そのような状態でありますが、今回は自力で車庫証明を取得してみましたので、取得方法についてご紹介したいと思います。今後ご自身で車庫証明を取る予定の読者さんのお役に立てれば幸いです。
無料オートキャンプ場

和田長浜海岸 おすすめ無料オートキャンプ場 三浦半島 

和田長浜海岸のことを地元の方は「ナハマ」という呼称しています。このナハマは三浦半島の西側に位置し、駿河湾に面している海岸です。天気が良く空気が澄み切った日には、海越しに富士山を眺められます。海水の透明度は高く神奈川県内での屈指の海岸です。広々とした砂浜の両サイドには岩礁があり岩陰には小魚やヤドカリなどの潜んでいるので、子供たちがはしゃぎながら磯遊びを楽しんでいます。1年中ヨット、シーカヤック、ウィンドサーフィンで賑わうマリンスポーツのスポットです。今回はこのような三浦半島にある無料オートキャンプ場「和田長浜海岸」を紹介いたします。
無料オートキャンプ場

三浦海岸 おすすめ無料オートキャンプ場 三浦半島

三浦半島は神奈川県の南東部にある167k㎡ほどの小規模な半島で、三浦海岸一帯を除いて海岸線は比較的複雑で、入り江を利用した漁港やマリーナ、海水浴場が数多く存在します。都市からは首都高速道路と横浜横須賀道路を利用すれば1時間で到着できます。今回はこのような三浦半島にある無料オートキャンプ場「三浦海岸」を紹介いたします。
キャンピングカー

くるま旅クラブに入会したら得するの

キャンピングカーで旅する場合、くるま旅クラブに入会した方が良いよとよく言われます。youtubeで有名な埼玉の仙人さんも、くるま旅クラブに入会していました。下関にふぐを食べに行く途中、YOU湯パークで車中泊をしたり、キャンピングカーショーに無料で入場できたりするメリットがあると言っていました。では、くるま旅クラブに入会したらどれだけ得するのかを調べてみました。くるま旅クラブへの入会を考えている読者さんに役立てれば幸いです。
タイトルとURLをコピーしました