道の駅「くるら戸田」夢の車中泊の実現

車中泊
スポンサーリンク

シルバーウィークの前半に海がきれいな西伊豆にある道の駅「くるら戸田」に向けて、軽キャブコンのオハナに乗って車中泊に挑戦してきました。

道の駅「くるら戸田」は静岡県沼津市の主要地方道修善寺戸田線沿いにあります。東京からは東名あるいは新東名高速道路を利用して2時間半程度で到着します。

今回は道の駅「くるら戸田」での車中泊を経験してきましたので、その中から読者さんに役立つ情報をご紹介いたします。

これからキャンピングカーを購入して車中泊を予定されている読書さんに少しでもお役に立てれば幸いです。

道の駅「くるら戸田」

道の駅「くるら戸田」には日帰り温泉施設「壱の湯」が併設されていて、調理体験室や高齢者交流室なども備え、地域交流の場にもなっています。

また道の駅「くるら戸田」のくるらとは、沼津方言で「来るでしょう?」の意味らしいです。

私が訪れたときは、緊急事態宣言下のため、残念ながら売店・軽食や日帰り温泉は臨時休業でした。しかしながら、駐車場とトイレは使用できることでしたので大変助かりました。

戸田の港にあがる深海魚をはじめとする海産物や希少な柑橘「たちばな」を使った加工品、また周辺の西伊豆地域から朝採れの野菜等が道の駅で売られています。また軽食としてビントロアブリ丼やソフトクリーム、ミルクプリンを楽しめます。(道の駅くるら戸田HPの情報)

営業時間

開館 8:15~22:00
売店・軽食 10:00~18:00
(丼・麺のラストオーダー 17:30)
壱の湯 10:00~21:00
(退場 21:30)入浴料 大人:500円 小人:250円

年中無休

トイレ

道の駅くるら戸田には、24時間利用可能なトイレが物産館の脇にあります。清掃が良く行き届いて大変キレイなトイレでした。また今やトイレになくてはならない存在のウォシュレットも付いています。

駐車場

道の駅「くるら戸田」には物産館の正面に駐車場があり、傾斜がなく平坦なので安眠できます。近隣に警察署があるためか、深夜の走り屋仮面ライダーは登場しないので大変静かでした。

駐車場収容台数は大型車3台、普通車41台、身障者用2台、電気自動車充電1台、二輪用約20台であまり大きくはないので、GWや観光シーズンは駐車できなくなる恐れがあります。

お薦めの場所は 修善寺戸田線の道路から離れたトイレに近いところに停めると良いです。とても静かで良く寝られました。

山側が道路なので、手前の場所がお薦め

アクセス

新東名高速道路長泉沼津ICより道の駅「くるら戸田」までは伊豆縦貫道路、東駿河湾環状道路経由、三津三差路交差点を左折、県道沼津土肥線、船原西浦高原線経由 約45km、約90分程度かかります。

途中伊豆中央道を通過するために200円の料金が必要です。

また県道17号では西伊豆の海岸線沿いを走行するので、駿河湾越しに富士山が見渡せて感動します。

県道127号の真城(さなげ)峠越え(標高491m)は、軽キャブコンオハナにはかなり堪えました。最高速度35㎞が目いっぱいで、後続車にご迷惑かけながら登坂しました。

観光スポットと食事処

日没後、戸田湾越しから眺める富士山のシルエット

今回の車中泊で立ち寄った観光スポットと食事処を紹介いたします。

出逢い岬

出逢い岬までは道の駅くるら戸田からの距離は約3㎞、車で6分程度で到着します。

出逢い岬は県道17号線脇の海岸沿いある展望台で、正面に紺碧の駿河湾、右手に富士山、左手に御浜岬を見渡せ、圧巻の大パノラマはとても言葉では言い尽くせません。この出逢い岬には無料の駐車場と公衆トイレがあります。

残念ながら雲がかかる富士山
御浜岬
戸田漁港

御浜岬

御浜岬は鳥のくちばしのような形をしています。これは駿河湾の海流に運ばれた土砂が、湾の入り口部分に帯状にたまってできた砂嘴(さし)と呼ばれる地形だそうです。

この岬の先端に諸口神社の鳥居があり、堤防から眺めると鳥居と富士山のコラボレーションが素晴らしいです。

戸田の御浜岬はコバルトブルーの海水で、とてもきれいで澄んでいます。水深は30~40mと非常に深く、川の流れ込みや外海からの潮が入るため、鯛やカツオ類から青物まで幅広い釣果が期待できるそうです。

戸田漁港

戸田漁港は水深は比較的深く、遠洋漁業の基地になっています。また駿河湾の深い海底谷隣接しているため、深海魚やタカアシガニが多数水揚げされます。また多くの釣り人で賑わっています。

岸壁からのぞき込むと鯛が泳いでいる

釣り人に聞いてみたところ、6,7cmの念仏タイをサビキ釣りして、釣れた念仏タイを餌にして流し釣りをすると、イカやアナゴがよく釣れると言っていました。是非戸田漁港で釣りに挑戦したらいかがですか。

食事処 かにや

かにやさんでは戸田港を一望しながら、駿河湾の海の幸を食べられます。特におすすめは天丼です。食べきりないほどおかずが沢山です。お値段は1,600円(税込み)です。

天ぷらや刺身はもちろんのこと、味噌汁にはカニとあおさが入っていてとても美味しかったです。

私が訪れた時刻は14時半で、待ち時間は40分でした。また駐車場は満車寸前で何とか入ることができました。新鮮でボリューム満点な名物食堂なので、多くの人々で賑わっていました。

かにやさんでは、活きた高足ガニが所狭しといけすに入っています。このいけすだけでも一見の価値ありますので、立ち寄てみたらいかがですか。

さいごに

今回はマイキャンピングカーに乗って道の駅「くるら戸田」の車中泊に行ったところ、天候に恵まれて、景色や料理を満喫できた有意義な時を過ごすことができました。

特に、駿河湾越しに見える富士山は雄大で迫力があり素晴らしい景色を満喫できて大変良かったです。再び訪れてみたいスポットです。本当に最高な車中泊だったと思います。

ちなみに道の駅「くるら戸田」周辺にはスーパーマーケットはありませんので、事前に食料や飲料水、アルコール類を準備した方が良いと思います。私は準備不足で隣町の土肥温泉にあるスーパーマーケットまで30分かけて買い物に行きました。しかもスーパーマーケットまでは峠越えをしなくてはならなく、道は暗くて狭いので大変疲れてしまいました。

皆さん気を付けて下さい。

車中泊の経験から読者さんにお役立つ情報を発信していきますので、どうぞよろしくお願い致します。

いつもブログへの訪問ありがとうございます。

ポッチと押してくれたら嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました